スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2020の投稿を表示しています

引っ越しのごあいさつ / 違うブログへ記事を移動するとき

お越しいただきありがとうございます。少し下の方を見てください。「続きを読む」をクリックされた場合も、下の方までスクロールしていただかなくては読めないかも知れません。 また、あいにく現在は引っ越し中の為お手数をおかけしますが、サイトの上部「サイト内検索」でお探しの記事を見つけてくださいませ。   このサイトは、男の子を育てている親の立場でのいろいろな手続きをしている人の、 問い合わせとかいろいろやってみたことの記録です。 子どもは、フォートナイト に夢中でずっと「課金、カキン」と言っています・・。 カキンも大変ですが、アカウントの紐付けがとても面倒でした。ここでは、そんな話が多いです。     お手間がかかりました分、読み甲斐のある記事にしていきたいと思っております。 (追記はたびたび行っています。) よろしくお願いいたします。     違うブログへ記事を移動するとき・・ このサイトは、私のように訳が分からなくて(少しはわかるけど・・) いろいろなことをコピペでやっている人に向けての情報になります。 今回の覚書は少々、ややこしかったです。 先ず、1,2,3の3つのブログがあります。 1は引越し元のブログで、色々な記事を雑多にまとめて一つで管理していました。(仮にサイト「https://●●●.blogger.com」とします。) 2は、最近作ったブログです。引越し先として、wordpress(仮に「https://▲▲▲.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 3も、最近作ったブログです。引越し先として、twitter(仮に「https://■■■.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 調べた結果、よく分かっていない私は以下の3つのコードをそれぞれのサイトの .htaccessにコピー&ペーストと書き換えで貼り付けました。 (引越し元・引越し先のお互いに情報が必要だと思ってしまったため) 1 ●●● RewriteEngine On RewriteRule https://●●●.blogger.com https://▲▲▲.blogger.com [R=301,L]・・1→2 RewriteRule https://●●●.blogger.com https://■■■.blogger.com [R=

wordpress、アプリで更新できない・アップロードに失敗しました

今回は新たな解決法(たまたまかもですが)が3つ見付かったので、追記で覚え書きをします。素人のやったことなので手間もかかりませんが、絶対に解決するとも断言はできない方法です。あくまでも「私の場合は」です。。。 先ず、1つ目は・・、wifiの接続を一旦、切断してから再度繋いでみたら・・ 「更新しました」となりましたー! これは、FTPソフトやらWAF設定の解除やら難しいことをする前に、是非とも 「1度おためしあれ」な方法かと思います。 次に2つ目・・、アプリの設定 ↓ 下の方に「ブロックエディターを使用」にチェックが入っているのを外す(グリーンになって「ON」状態なのを、左にスライドさせて白い状態にします) ↓ これだけです!上記のようにして、テキストエディタがクラシック(以前のバージョン)だと、「更新しました」と出ました・・(あくまでも、私の場合はですが)。   最後に、3つ目・・、googleアドセンスの記事内広告を貼ってあったのですが、それを削除してみると「更新しました」と、出ました・・。 お疲れさまでした。。。ただし、全く同じ状態にしても何故かエラーになる記事も他にあったので、上記の3つの方法は「100%」ではありませんでした。 他の方法としては、一番多くの方が当てはまることをあげてみると 公式サイトなどではアプリの更新が・・とかプラグインの セキュリティ関連の絡みが・・などと書いてある場合が多いですが、 この記事の下の方には、FTPファイルマネージャー内の 「.htaccessファイル」へタグを書き込む方法をご紹介しています。 (・・が、今回はこの方法も無効でしたが・・。この記事はエラーの出た時に 何度か修正していますが、方法は個々によってパターンも違い やり方は1つだけではないかもしれません。)   コロナ禍のせいか、やたらと寝てしまう様になり ブログの更新のためにPCに座るのすらも億劫になってきました。 出来たら寝転んで・・ゴロゴロしながら スマホでサクサクと投稿したいところですが・・。 でも、何故か私のスマホではwordpressの公式アプリでは 記事の更新ができなくなっていました。 (アプリ内に下書き保存のような状態で残ってはいますが。。 「アップロードに失敗しました」と出て、再度試すという箇所をタップしても また「アップロードに失敗しました」の繰り返

mod_rewriteがサーバーにロードされている必要があります。

プラグインのSite Guardのメニューで、「管理ページアクセス制限」の下記の部分が、よく分からなくて調べたので覚書メモします。前にも調べた気もしますが・・すっかり、忘れているので・・(汗)。 この機能を使用するには、 mod_rewriteがサーバーにロードされている必要があります。 ↑ この件には、以下の情報があったのですが、私はログインURLの変更が行われているので以下に当て嵌まったので「ON」にしておきました。他にもいくつか検索して確認したので、方法を下の方に追記しましたが・・以下のサイト様の方法が最初にパッと分かりやすかったです。参考にさせていただきありがとうございました。 SiteGuardを有効化した時に、「ログインページURLが変更されました。」と表示されたなら、サーバーにmod_rewriteがロードされています。 https://easy-wordpress.work/wordpress/incorrect-login-measures/#wp-admin エックスサーバーでは、mod_rewriteはインストールされているのらしいですが・・lolipopのサーバーではどうなっているのか、どんな方法があるのか・・で調べていたのですが、FTPファイルの以下の場所へ以下のようにを書き込めば良いみたいです。 mod_rewriteを有効にするには、.htaccessに次のRewriteEngineディレクティブを追加します。 「 RewriteEngine on 」 ↑ .htaccessファイル内で、SiteGuardについては次のような記述がありました。〇〇〇〇の部分は、ログインURL情報(SiteGuardにてログイン専用に設定された文字列、数字)です。(テキストがブロック編集で「引用」が分かりづらいですが・・。「」←の間の部分です。今後もし、テキスト編集の良い方法が分かったら「」内を修正したいと思います。) (ここから)「 # SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START ==== SITEGUARD_RENAME_LOGIN_SETTINGS_START RewriteEngine on RewriteBase / RewriteRule ^wp-signup.php 404-siteguard [L] RewriteRu

ブログ立ち上げ時のアクセスが消えた / 不正アクセス / 検索フォームのページ

数ヶ月前に、このサイトとは別のブログでの話ですが、wordpress での ブログを新しく作成した(立ち上げ)初日と翌日くらいには、アクセスがいくらかあったのですが・・それ以来、アクセスが全くなってしまい、消えた?(完全にゼロ)っていうのが気になっています。最初の作成時のアクセスについては、ブログ立上げと同時にアドセンスやアナリティクスなどに登録したので、その瞬間にたまたまgoogleの中の人が見ていたのかな?とか思ったり・・、兎に角 その絡みで自分自身のアクセスが反映されたのかも知れない・・とも考えていましたが、今さっき、スマホでwordpressの公式アプリのアクセス解析を遡って見てみると、数値は日本(おそらく自分)のものが10件あり、「アメリカ」や、「米領サモア」が2件ずつの4件、合わせて計14件でした。jetpackのこのスマホのアプリ版のアクセス解析では、国名が表示されるのでパソコン版のjetpackアクセス解析よりも「海外からのアクセス」の確認には適しているかと思われます・・。 ネット検索では、adsenceやanalyticsなどへのサイト登録の直後のアクセスについてを述べている様な人もいませんでしたので・・、普通は気にするところではないのかも知れませんが。 私の場合、それ以来全くのアクセスゼロというのが気になっています。調べていた感じでは、サイト立ち上げ後の3ヶ月くらいはアクセスが全くなくても別に普通・・というか、おかしいことはないみたいですが。 もしかして、ブログ立ち上げの時のアメリカなどからのアクセスの方は、不正なものだったかもしれません。wordpress を新規で作成した直後くらいのアクセスでした。 同時期、検索フォーム (searchform.php) というページについて調べていたので同じ記事にしていますが・・、私は古いテーマを使っていたせいか調べたりしていたのでした。しかし、最近になってアクセス解析を見て海外のアクセスが多いことが不安に思ったり、思い立って新しいテーマへ変更したため、普通は「検索バー」なるものは標準装備でテンプレ(テーマ)にセットされているということが分かりました。(以前からついていた気もしますが。)特にカスタマイズの必要がなければ、改めて検索フォームページを作る必要はありませんでした。 ここまで読んでいただき、ありが

アドセンスやっていて、自分の過去記事や他サイトへのリンクは可能? クリッ クは?

アドセンスやっている場合、自分の過去記事や自分の他のサイトへのリンクは可能なのか・・。これについては、ガイドライン・規約・ポリシー違反、禁止事項などの言葉をくみあわせて検索し googleの公式サイトのヘルプ(フォーラム)なども始めとして たくさんのサイトのまとめ記事も読んで 出した結論(違反にはならない基準)を覚書し残したいと思います。 先ず、「常識の範囲なら大丈夫です」と、断言が出来ます。理由は、googleのフォーラムでも、 運営するサイトと関連するサイトについてのバナー広告を併用することも特に制限はありません。 ・・と、あったのでgoogleからの禁止などは されていなかったということです。 気になって調べた経緯は、どこかで「チラ見」して、気になっていた 「自分の過去記事へのリンク」がガイドラインに沿っていない・・という話を ある日フッと思い出して、気にはなるものの プラグインで related〜 などというものを使ってみたり 「これも違反になるのか?」「なんでだろ~」と思いながら探したのですが 検索して「違反になる○つの事例」的なことをいくら読んでも そんな項目は見付からないので、何か前後の説明が抜けた状態だったとか 凄く古い記事だったのだ・・などと思うことにしました。 同時に、自分のサイト同士のリンクなども気になっていたのですが 個人の運営する範囲であれば問題はないという感じでした。 「100とかの大量サイトでなければ大丈夫」ということです。。良かった。。 「アドセンスが停止にならない(違反事項のない)方法」っていう記事にしたかったのですが 人のサイト見た情報だけでは かなり当たり障りのない内容にしかならないので、止めました。 自分が実際に不安になっていた件、 アドセンスやっていて自分の過去記事や他サイトへリンクは可能かどうか ですが、結果(気をつけること)は 「個人でやっていく規模なら問題ない。リンクへクリックしてくれという表現はNG」 っていうくらいではないでしょうか。 よくよく考えてみると、 「関連コンテンツ」などというメニューなんかは明らかに過去記事なので、リンクすることは悪いなど ということは最初からなかったのではなかろうか・・です。 ちなみに、自分のリンクをクリックする場合も、以下のように常識の範囲なら大丈夫のようです。 ご自身のサイトに表示

ブログ引越し後、画像リンクURLが前のままのとき

wordpressからwordpress の引っ越しをして、インポートやエクスポートなどの際に、XMLファイルのテキスト編集でURL部分の「置き換え」を するべき(とても大事!)なのに、違うことで大変だったので忘れていて、「置き換え」しなかったので、気付いた後の修正した方法を覚書メモします。置き換えをしなかったことによって、記事にリンクされているURLが前のアドレスのままだったので・・引っ越し前のドメインの期限が切れたときに大量のリンク切れが起こりだすと思われるので・・出来る限りやっておいた方が良いお話です。 置き換えについては、記事の1番下の方に簡単な方法を記します。 その前に少しでも修正しておこうとしたのでした・・が、その記事の数が180超だったという・・少々、手動では厳しいような数だったのでした。「置き換え」を怠ってはならないという良い勉強にはなりましたが。。 プラグインで どうにかなる気もするのですが、私はプラグインを入れてサイトが重たくなるとか、プラグインの更新を気にするのが嫌で極力入れたくないという理由からプラグインは使いませんでした。ついでなので、過去記事のチェックも兼ねて一つ一つリンクの書き換えをしていきましたが、途中で少しだけ楽になる方法を見つけました。 ビジュアルエディタモードの場合、ですが・・(そして、インポート・エクスポートの際に「全て」を引っ越してあり、画像などのファイル名まですっかり引越してある場合の話です。) ↓ 画像をクリックすると小さなポップアップの様なメニューが開きますが、えんぴつのマークのようなアイコン「編集」をクリックします。(鉛筆マークにマウスを翳すと「編集」の文字が出てきます。) すると、プロパティのような画面が開きます。 その画面の左下にプルダウンメニューがあり、 画像の設定項目である「リンク先」が、「カスタムURL」となっているものを 「メディアファイル」に選択し直して「更新」をクリックすると、 リンクURLは瞬時に現在のアドレスに変わります。 とても簡単便利です。 もう一件、「置き換えの方法」についてですが・・ 扱うテキスト編集アプリ(ソフト)によって多少の違いがあるかと思われますが・・ざっくりと以下の様にします。 先ず、パソコンでの編集になります。 ↓ XMLファイルのテキスト編集で、置き換えをしたい単語を検索し

サックスなどのエモートが再販 / 課金について

一昨日、昨日と「課金、課金」と子どもたちがうるさく引き下がらなかったので、どうしようもなく 色々と条件を付けて課金したのですが・・。普段は絶対にしないような手伝いや勉強もしていたので、よっぽど欲しかったんだなっていう事が伝わったので、気になって「課金するのは、どんなもの?」と、聞いてみました。 ゲームをご存知の方には今さら感がある話なのですが・・。なので、この記事は ゲームを知らない人向けだと思います。 私は、アカウントの重複についてだけは凄く色々と調べてお問い合わせなどしていたので、このブログの記事にしていたくらいなのですが、ゲームの中身については何も知らなかったのでした。。。 今回の課金については、エモート(というダンスの種類)で、すごいレアな再販がされた・・とのことです。 一昨日(11/10)は「サックス」、昨日(11/11)は「スナップ」、だそうです。子どもの話によると、2年前くらい?とかに売られていたエモートだそうで、めちゃくちゃ喜んでいました。 ついでに聞いた話、人気のあるエモートはどんなものがあるのかを聞いたところ、1番カッコいいのは「シナリオ」だそうで、他には、「ワーム」、「負け犬」などが人気らしいです。 エモートの他に、スキンと呼ばれるコスチューム(衣装)や、アイテムなどを課金することもあるそうです。 最近では、昔の「初期スキン」が売っていたりして、欲しくなっていたそうです。デフォルト状態のスキン(服装)が時々モデルチェンジするらしく、そうなると子供達は「前のデザインが懐かしくなる」と、言っています。 それでは次は、気になる課金について。 そういえば、アイテムを友達にギフトしてあげて、千円もらうとかしょっちゅうそんなことを話していますが・・。最初は私も「(友達の)お母さんに聞いた方がいいよ」くらいは言っていたのですが・・親があんまり口を出すのもどうかと思ってやめたり(止めたら今度は、隠れてやる事になるだろうし・・影で何かされる(隠れるのが癖になる?)よりは良いかと)しています。でも、お金が絡むし問題にならないのかなと思って思い起こすと、顔見知りの親御さんには暗黙の了解でそういった「取引」はしないような空気になっていて、子ども同士もそういった話をしない相手というのが決まっています。顔見知りではない親御さんの場合は、「あとからご両親やご家族の方がなんか

アプリでのメニュー(JETPACKなど)について 1

ブログの更新をスマートフォンのアプリから更新してみようと思って、 久しぶりにスマホの公式のアプリケーションを開いてみました。 公式アプリは、複数のブログの管理に対応できるのはありがたいのですが、 記事の一覧がカテゴリごと・タグ毎、日付の順番などでは表示ができないので、既に記事を書いて保存してある古い記事の管理には向いていませんでした(私の場合・・)。正確に言うと普通に検索窓があり、過去記事は検索が出来るのですが、なかなかでてこないという印象が強くて・・一旦、閉じようとしたらヒョコッと出てきたりして少々コツが必要で、使いづらい気がします。 時にはヒョコッと出てこない時もあり、「編集したい記事が出てこない!」となります。カテゴリやタグ、投稿日などでソートする「投稿一覧」というメニューがないので、最新の記事からずっと遡ったりします。 これは クライアントの公式ではないアプリにはカテゴリやタグ、投稿日付での一覧表示の出来るものがあるので、過去記事を修正する性質の人間は、断然その方が良いです。・・が、複数のサイトを切り替えて使うことは出来ません。複数のブログを管理するためには課金が必要になってきます。 他に今回は、公式アプリ内で「統計情報(アクセス解析)」のメニューがあるので、見ようとした時のことですが、 統計情報をタップしてすると、jet pack というプラグインをインストールしようという画面。 インストールしないと使えないみたいです。せっかくなので アクセス状況は色々な解析方法で比べて見たい気がします。 インストールしようと思い、ボタンを押してみました‥が、 パソコンの方でインストールしていないと使えないのか、エラーみたいなページになります。 統計情報とあるのですが、アクセス解析とは違うのか?、パソコン版でもチェックしてみました。 今までに時々気になっていたものの、SSLやら引っ越しやら、表示されないやらログイン出来ないやら、そんなゆとりがなかったのでした。。。 公式アプリ内では、複数の管理の上限はいくつあるのか気になって 「word press 公式アプリ 複数 上限 いくつまで」と検索したのですが、 パソコンで更新が前提みたいな感じです。アプリの話題なんて3ページ目くらいまで 1つもありませんでした(3ページで諦めました!)。 検索語にアプリという言葉が入っていたと

ユーザーエージェントは、複数のブラウザ・・不正ログイン?

wordpress より、「ログインがありました」というメールが来ました。IPアドレスは 明らかに自分自身なのですが、見に覚えのないブラウザ情報がいくつも混じっています。なんのことか分からなくて心配になって調べたので、覚え書きメモを残します。 結局のところ、以下のように1つのIPアドレスに沢山のブラウザ名が並んでいるのも、特には問題ない事が分かりました。 ・・と言っても、あんまり詳しい理屈は分かりませんが・・下の方に、詳しくまとめられているサイト様のリンクを貼っていますので、気になった方はそちらを訪問してみてくださいませ。参考にさせて頂きましたサイト様、ありがとうございました。 ユーザーエージェントに表示されていたブラウザ・・・Mozilla、 AppleWebKit/ (like Gecko) Chrome/ Safari/ ・・とあり 、IPアドレスは、他のサイトでも確認(※)できていた自分のものと同一でした。よく分からない私は、自分の使っているブラウザは一つの筈だし、「他の人がアクセスしているっていう事?」「一体、だれ??」ってなったのでした。 自分のIPアドレスを確認する方法は、SNSのログイン履歴などが簡単に出来る(たいがいのサイトやアプリでも、設定→アクセス履歴 で見れます!)ので、そのSNSのセキュリティチェックもついでに出来るので、 私は特に、更新のチェックした時にはついでに確認しています。私はIPアドレスを固定していないので、不定期に変更されてしまっていますが・・()。IPアドレスは、時々変わっている方が セキュリティ的にも安全そうな感じがするので、固定化はしないでおこうと思いますが・・。IPアドレスを固定してる人が、どれほどいらっしゃるのか分かりませんが、スパマーなどの不正ログインを実行されるような人々も、固定化はしない様な気がします。(IPアドレスでブロックの設定をされたりもしますので・・) ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 なにか少しでも参考になりましたら幸いです。 良かったら、気が向いた方はぜひ他の記事も読んでやってくださいませ。 よろしくお願い致します。 参考サイト: https://qiita.com/nightyknite/items/b2590a69f2e0135756dc

このブログの人気の投稿

引っ越しのごあいさつ / 違うブログへ記事を移動するとき

お越しいただきありがとうございます。少し下の方を見てください。「続きを読む」をクリックされた場合も、下の方までスクロールしていただかなくては読めないかも知れません。 また、あいにく現在は引っ越し中の為お手数をおかけしますが、サイトの上部「サイト内検索」でお探しの記事を見つけてくださいませ。   このサイトは、男の子を育てている親の立場でのいろいろな手続きをしている人の、 問い合わせとかいろいろやってみたことの記録です。 子どもは、フォートナイト に夢中でずっと「課金、カキン」と言っています・・。 カキンも大変ですが、アカウントの紐付けがとても面倒でした。ここでは、そんな話が多いです。     お手間がかかりました分、読み甲斐のある記事にしていきたいと思っております。 (追記はたびたび行っています。) よろしくお願いいたします。     違うブログへ記事を移動するとき・・ このサイトは、私のように訳が分からなくて(少しはわかるけど・・) いろいろなことをコピペでやっている人に向けての情報になります。 今回の覚書は少々、ややこしかったです。 先ず、1,2,3の3つのブログがあります。 1は引越し元のブログで、色々な記事を雑多にまとめて一つで管理していました。(仮にサイト「https://●●●.blogger.com」とします。) 2は、最近作ったブログです。引越し先として、wordpress(仮に「https://▲▲▲.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 3も、最近作ったブログです。引越し先として、twitter(仮に「https://■■■.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 調べた結果、よく分かっていない私は以下の3つのコードをそれぞれのサイトの .htaccessにコピー&ペーストと書き換えで貼り付けました。 (引越し元・引越し先のお互いに情報が必要だと思ってしまったため) 1 ●●● RewriteEngine On RewriteRule https://●●●.blogger.com https://▲▲▲.blogger.com [R=301,L]・・1→2 RewriteRule https://●●●.blogger.com https://■■■.blogger.com [R=

switchのメモリが足りない時

子供が「フォートナイトのデータが消えた!」と大騒ぎしていたので、 気になって対処していた覚書です。 アンインストール → インストール をしたとのことですが、 データは時間が経てば復活し、結局は消えてはいませんでした。 経緯も覚書します。 あと今回のついでですが、挿入しても使わなかったのですが、   microSDカード挿入するとswitchにその分のメモリが増えるようです。。    microSDカード、本体の裏の電池を入れるポケットみたいな部分を開けると 簡単に入れることができました。   でもこれ、ゲームソフト → 本体 → MicroSDカード って、ループしているんじゃないのかって感じがしてしまいます。 もう、ソフトだけで良いのに・・って思ってしまうのですが、 ダウンロードとかもするのでした。その分は仕方ないですよね・・。      Fortniteでアンインストールした理由は、 APEXをインストールしたかったけどメモリが足りないから 何かを削除しないと入らない、 フォートナイトのデータが大きいので、一旦アンインストールしてみようと思った。 Fortniteをアンインストールしても データは消えないと書いてあったからやってみた・・のだそうです。   データは消えなかったけど、データが復活するのには 相当な時間がかかる場合がある・・ということの様です。  (時間がどのくらいかかったか分かりませんが、「データが消えたかも」 って騒ぐくらいにとても遅かったという。)   今までたくさんの課金をしているので、データが消えたら 時間もお金も勿体ないということは身に染みて分かったみたいです。   microSDカードは、64GBくらいでないと使用できないっぽいです。 家には16GBしかなかったので、全然足りなくて使えなかったのでした。     ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か少しでも参考になりましたら幸いです。 良かったら気が向いたときにでもまた覗いてやってくださいませ。 よろしくお願いいたします。    参考サイト: 任天堂の公式サイトのQ&A    

wordpressからbloggerへお引越し

wordpressからの移行引越し先はこちら、googleのbloggerにしました。 無料で使える、広告がなし、アドセンス利用可、独自ドメインも使える、 こんな(私にとって)最適な引越し先は他にはないかも知れません。 方法は、以下のプラグインを利用しました。 プラグインの作者様の仰るようにbloggerからワードプレスの方法は いくらでもあるのに、その逆は殆どないと言ってもいいくらい 見付かりませんでした。あっても、ややこしそうで・・ ↓ xml→movable→xmlとか、2回のエクスポート・インポート とかいう方法が主流でしたが、読むことすらままならず 私には使いこなせる自信がなかったので・・。 1回のエクスポート・インポートで済むなら失敗の確率も半分です。 (結局のところはプラグインは絶対に必要でした。)   引越し作業で気になったことを覚書して以下に残します。 プラグインの「Export to Blogger」を新規追加して有効化   ↓ 設定    ↓  ↑  の、種類・ステータス・と、一番下にある Blogger記事にラベルを付ける・・カテゴリー、タグ←これは外す方が良いかもです。 理由は以下のようにエラーが出てインポートができない可能性が高いからです。 (外すとスムーズにいけました。) ↓ 上記を選択して、左上の「XMLをエクスポート」という青いバナーボタンをクリック ↓ XMLファイルがパソコンにDLされます。 ↓ bloggerの管理画面、右側メニューより「設定」のずっと下の方 ↓ インポートするというメニューをクリック ↓ 早いものは1分くらいで出来ていました。 私の場合は複数のサイトがあり、あるサイトでは 「タグやカテゴリの文字が200文字以内にして下さい。(多過ぎるので) 減らして下さい」 っていうエラーがたくさん出ていたので   そのせいで出来なくなったみたいですが・・。 項目を減らしたり出来るので、いろいろ試してみるも blogger側でもインポートの回数に上限がある様子でした。  (いくつかのサイトで調べた感じでは5〜6件かと) なので、もしインポートできなくなったと思ったら、 24時間空けてから再チャレンジします。 ↓ インポートが出来たあとは、アドセンス・アナリティクスの設定や SSL、独自ドメインの設定が必要な方