スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

引っ越しのごあいさつ / 違うブログへ記事を移動するとき

お越しいただきありがとうございます。少し下の方を見てください。「続きを読む」をクリックされた場合も、下の方までスクロールしていただかなくては読めないかも知れません。 また、あいにく現在は引っ越し中の為お手数をおかけしますが、サイトの上部「サイト内検索」でお探しの記事を見つけてくださいませ。   このサイトは、男の子を育てている親の立場でのいろいろな手続きをしている人の、 問い合わせとかいろいろやってみたことの記録です。 子どもは、フォートナイト に夢中でずっと「課金、カキン」と言っています・・。 カキンも大変ですが、アカウントの紐付けがとても面倒でした。ここでは、そんな話が多いです。     お手間がかかりました分、読み甲斐のある記事にしていきたいと思っております。 (追記はたびたび行っています。) よろしくお願いいたします。     違うブログへ記事を移動するとき・・ このサイトは、私のように訳が分からなくて(少しはわかるけど・・) いろいろなことをコピペでやっている人に向けての情報になります。 今回の覚書は少々、ややこしかったです。 先ず、1,2,3の3つのブログがあります。 1は引越し元のブログで、色々な記事を雑多にまとめて一つで管理していました。(仮にサイト「https://●●●.blogger.com」とします。) 2は、最近作ったブログです。引越し先として、wordpress(仮に「https://▲▲▲.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 3も、最近作ったブログです。引越し先として、twitter(仮に「https://■■■.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 調べた結果、よく分かっていない私は以下の3つのコードをそれぞれのサイトの .htaccessにコピー&ペーストと書き換えで貼り付けました。 (引越し元・引越し先のお互いに情報が必要だと思ってしまったため) 1 ●●● RewriteEngine On RewriteRule https://●●●.blogger.com https://▲▲▲.blogger.com [R=301,L]・・1→2 RewriteRule https://●●●.blogger.com https://■■■.blogger.com [R=

エラー: Missing: author

Search Consoleでのエラー表示の理由は、 hentry(microformats.org)の方の構造化データの出力に authorが含まれていないことによるものと思われます。 search appearance>Structured Data で出てくるデータです。 たいぶ調べたのですが、分からず。 「author Items with Error search console google データ」とエラーメッセージから 出来るだけ多めの単語を使って検索していたら、やっと 「構造化エラー 頻出」などと 出てきたものです。 結局のところ、プラグイン(Hatom/hentry remover (Fix errors in Google Webmaster Tools)) を使うという方法に当たりました。 以下のサイト様で使ったものと同じプラグインをインストールして 有効化したところです。しばらく様子見ています。 上手く行けば、また追記するか別の記事にしてお知らせしたいと思います。 でも、気になったことがあります。 もうひとつのサイトでも数カ月前に は全く同じような状態になったことがあり その時はそれどころではなく何も出来なかったのですが 2ヶ月位で勝手にエラーが減っています。 何もしない方が良かったかも知れません。 ・・で、今見てくると以下の結果に。↓ Structured Data 0 Items on 0 pages 0 Items with Errors on 0 pages エラーもゼロ、アイテムもゼロ。 わけがわかりませんが・・未だ何度か確認したいと思います。 ここまで読んでいただいた方、ありがとうございます。 何らかの参考になれば幸いです。 また機会がございました場合は、よろしくお願いいたします。 参考: https://xn--68j3b2d8le4af20azcz743e.com/pc/wp/twenty-seventeen/how-to-deal-with-search-console-structured-error#content https://crearc-design.com/2016/05/12/google-search-console-error-wordpress/ https://wp-cocoon.com/

wordpress「.COM」の連携を解除したい

ここは、あまり詳しくない人の試行錯誤したブログの編集についてのサイトです。 表題の通り、 wordpress「.COM」の連携を解除したい・・のですが、 出来ない場合があることが分かりました。 数あるうちの1つの理由、今回はJETPACKについて、です。 .COMで連携した理由が何だったのか すっかり忘れていたのですが、 連携しているプラグインが使えるようになるための問題だったみたいです。 しかし忘れていたので、「.COM」と インストール型ログインとかいう 2つのログインがあることに気付き、パスワードの管理が鬱陶しく感じてきたので .COMを解除っていうメニューに進みました。すると、 Jetpack 連携を解除ーーすると、 〇〇 を WordPress.com から切断すると、以下が利用ができなくなります。 サイト統計情報、関連コンテンツ、共有ツール 総当たり攻撃に対する防御とアップタイムモニタリング 高速画像を容量無制限でホスティング 接続を維持する切断する Jetpack のメリットについて詳しく読む っていうエラーメッセージが。。。 結局のところ、Jetpackは便利に使っているので、 解除できなくなってしまっています。 ダッシュボードにも「Jetpack」というメニューができているし JETPACKって、何者なんでしょうか・・?、今更。 気になるので、ジェットパックの事を調べてきます。 検索しても英語のサイトが多そうですが・・。 ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。 少しでも何らかの参考になれば幸いです。 機会があれば、またよろしくお願いいたします。。。

アナリティクスの見方の覚書(現時点、です)

あまり分かっていないので、何でも少しでも見易い方法を・・と、 色々と探索していて、未だ途中とも言えますが、兎に角まあ このサイトは、ほぼ初心者の人がブログを更新していると思って下さい。 アナリティクスのわかりにくかった原因がようやく少しハッキリしたので 覚書します。 この投稿も、いずれは画像付きの説明の記事にして、目次を作って 分からないことが解決できる様にしたいのですが・・現在はパソコンが調子悪くて画像の保存をするとなると パソコンのメモリの問題があるのです。新しいものを、もう1台かおうかメモリ増設か悩んでいます。 一番安全なのは1台購入した後でメモリ増設すると良いんですけど・・ お金が持たないので当分は我慢かな。。 話は戻りまして、アナリティクスの見易い方法の覚書です。 分かりやすく整理するために、先ずは管理というメニューを見ます。 一番左上の「全てのアカウント」とかいう部分は変えてもあまり変化なかったので (試しに弄り倒しましたが、上記の部分は変えても変えなくても 下のメニューは全部出てくるので変わらない?気がしました。 私がそう感じただけかもしれないのですが、少なくとも私は 「全てのウェブサイト」の他にも登録しているにも関わらず、完全に無視しています。) 上記を省いて、左上のメニューから順番に見ていきます。 管理 ユーザーという文字の下の行には 左から、アカウント・プロパティ・ビュー という文字があります。 アカウント・・サイトのタイトル(またはどのサイトか分かり易い、好きな名前) プロパティ・・サイトのタイトル(またはどのサイトか分かり易い、好きな名前で 尚且つ、私はここでhttp・httpsの2種類の登録をして、分かる目印を両方に入れました。 理由は ここにはURLを入れる項目があるから・・ただ、それだけです。) ビュー・・・・ここは「すべてのウェブサイト」又は、好きな名前ですが、「全てのウェブサイト」のままが良いかと思います(全部出てくるので逆にややこしさがなくなり分かりやすいと感じました)。 そのあと見るのは、 ・オーディエンス→サマリー・・検索か、ダイレクトか、リンクからかが分かります。 ・集客→オーガニック検索・・上位のキーワード ・集客→検索のサマリー・・上位のランディングページ ・行動→サマリー・・概要? ・行動→解脱ページ・・このサイトから

アプリでのメニュー(JETPACKなど)について 2

モバイルでの公式アプリで「統計情報」というメニューがあり、 アクセス解析も機能に入っているし他にも色々と便利な事が出来る様なので 早速、使おうと設定→ログイン・・のログインが少し ややこしかったので覚書。 何度かやっているうちに分かりましたが、アプリの中だけでは設定が完了しないみたいです。 時間がある時に、パソコンでもプラグインを入れたりすると出来たので 必ずパソコンでも設定しなくてはならないということが分かりました。 以下は 「ログインの際、気付いたこと」・・です。 メールでマジックリンクという方法がありました。(以前、よくわからないまま操作して 楽だと思って感心していたのですが、今回は普通のパスワードでのログインと どちらか選べるようになっていました。) モバイルのワードプレス公式アプリの統計情報をタップして出てくる jetpackの設定用ボタン(みどり色)を押すのは待って、パソコン版を先に プラグインの新規登録→「jetpack」で検索→1番目に出てくると思われます、 モバイル版とアイコンが同じなので直ぐに分かると思います。 その、PC版をクリックすると直ぐに完了する場合と 今回の場合みたいにログイン場面で苦労する場合があります(2通り経験済)。 メールアドレスに「.(ドット)」や「+(プラス)」があると パスワード入力画面にならず、ログイン出来ない状態でどうしようもなかったので、 仕方なくメールアドレスを変更しました。 Gmailで登録すると、googleの登録情報で勝手にプロフィールが埋まっています。 「googleでログイン」という選択肢もあるので同じことですが。 それらを繰り返すうちに、なぜか「wordpress.com」になっているのに気付き 無料版の管理画面と繋がってしまった様です。 (lolipopからのインストールで、それが出来ることを知らなかったので驚きました) 兎に角、何度か「join」「create」などのアイコンをクリック・タップして なんとか設定が完了しました。 説明が雑ですが今回はログインで気になったことの覚書です。 (手順などの詳しい説明はきちんとしたサイトで確認されたほうが良いです。。) 直ぐにアクセス数の反映はされず、翌日になってデータが表示されるようになりました。 なかなか上手く設定できないので、wordpressのバージョ

関連記事(下の方に広告みたいに表示される過去記事)

この話題も過去の話ですが・・ 今はちょっと気の利いたテーマ(テンプレート)など選べば 関連記事は表示されます。以下は以前の話として・・参考に置いています。 (置いてけぼり記事です。または古いテーマやテンプレートを使用中の方には参考になるかもしれません。) 当サイトでは未だこの下の方に広告みたいに表示される Related postsというプラグインは使っていません。どのプラグインが良いか検討中です。 今まで他のサイトで、プラグイン「有効化」するだけで細かい設定の仕様がなかったので 自動的に表示されるがままにしてあったのですが googleアドセンスでもこの、「下の方に広告みたいに表示されるRelated posts」の 形式の広告を提供しているということを知り、探しまわって使おうとすると どうやら、一定以上の成果を出しているサイトにしか提供がされない・・みたいでした。 道理で、私のブログへ貼り付けるリンクに辿りつけない訳だと思い 諦めてまたプラグインを探すことに。 いままで使ってきたものは自分の過去記事を3つ並べて、サムネイルとテキストで紹介 ・・というもので広告は別のものでしたが。 何とか、広告も混ぜて貼り付けたい、同じようなものでフリースペースがある というタイプでもあれば・・と探しています。 そんな中、サムネイルの為には1つの記事に1つ以上の画像を貼っておかないと 画像なしになってしまうことに気付きました。これは結構、基本かも知れません。 なので、大慌てで画像の用意。しかし、linuxは重たいのでメモリを喰いたくないし。 モバイルのアプリからカメラフォルダの画像ををアップロードすることにしました。 PCへ画像保存するよりも簡単で軽い、便利でした。 (公式アプリ・クライアントアプリ、共に結構楽に出来ました。)   ここまで読んで頂きありがとうございました。 何か少しでも参考になりましたら幸いです。 また気が向いた方は覗いてやってくださいませ。 よろしくお願い致します。

アドセンスで、最初の記事の投稿よりも先にコードを貼ってしまった場合

このサイトはあまりPCには詳しくない人のブログです。 同じように初心者レベルの人に参考にしてもらえれば嬉しいです。 今回は、アドセンスのことについてです。 承認が降りる前に広告を貼っても大丈夫か・・みたいな話ですが、 それはOKでした。 以下、何年も前の話ですが・・ 気が向いた方は読んでやってくださいませ。   最近、サーバーの契約を変更し、データベースが複数使えるようになったため wordpressでの複数サイトの作成が可能になりました。 なので、折角なので複数サイトを作っていきたいと思っていたので 時間を見て作ろうとしていますが・・どうも、慣れないので手順がおかしい・・。 このブログでは、ブログ立ち上げ、記事をまだ投稿していない状況で アドセンスの自動広告コードを貼り付けてしまいました。 「自動化タグ」というものを知って、早速使ってみたくなってしまったのでした。 当然、何度か確認するも 広告は表示されていないのでした。 「記事がないから」と、気付いたので せっせと記事をポストしまくっています。 記事が増えた時点で広告が表示されるのか、実験でもあります。 コンテンツ不足とされるかも知れず、ドキドキしますが。 一旦、リセットのような作業が必要になる可能性もなきにしもあらず。 手順としては、 10件くらいの記事を作成し、投稿しておく   ↓ アドセンス コード作成、貼り付け で、しばらく待つ・・という感じでしょうか。 私の場合、アドセンスに何度も登録(申請)したせいか 記事数が少ないブログで申請しても大丈夫だった気がしましたが その時の基準と記事のまとまり具合がたまたま良かったかも知れないので このブログはどうなることやらです・・。 後日追記:↑の後、 search consoleに登録、コードなど何箇所か一通りの設定し、 一晩経ちましたが、まだ広告は表示されていません。。 ダメ元で、Adsenceでサイドバーの広告も ウィジェットから貼ってみましたが。 (また、後で外してみたりすると思います) ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。 何か少しでも参考になれば幸いです。 よかったらまた他の記事も読んでやってくださいませ。 よろしくお願い致します。

独自ドメインからサブドメインへ

通常とは逆パターンになりますが・・独自ドメインからサブドメインに変更したい場合。 (URLアドレスを変えたい) 一体、どうすりゃ良いのか・・って、数日調べまくりドはまりし悩み続けた結果・・ 一番、訳がわからなくても成功した方法は テンプレ(テーマ)を変更してしまう っていう事で、サブドメインのアドレスに戻した事も綺麗に反映されていました。 手順としては、ダッシュボード内>設定>一般> WordPress アドレス (URL) ・・「独自ドメインのURLアドレス」← これを変えたい サイトアドレス (URL)  ・・・「ここにサブドメインのアドレス」← 変更後このURLにしたい(予定) サイトのホームページを WordPress のインストールディレクトリとは異なるものにしたい場合、ここにアドレスを入力してください。 で、アドレスを入力しただけで反映される筈かと思ったんですが。 反映には 2~3時間とか2~3日かかるとかどこかで見聞きもしたので、待っておこうとも思ってはいました。 ・・が、FTPの管理画面から「ブラウザで確認」して見ると表示されていたので 「なんでまだ反映されないのかなー」と、気になり。 何度か読み込んでも表示されず、投稿一覧で気になった記事の訂正・修正をしたりして そうこうしているうちに何となくテンプレート変えてみたりして  上記の解決方法に気付きました。 まあ、普通に待っていれば出来ていたのかもしれません。 ( ↑ 弄り過ぎてダメにするタイプ) 参考までに。

検索窓の設置について

サイト内検索の設置について色々と思うところあり覚書します。 色々あって最近、サイトの引越をたくさんしています。 今迄放置していたサイト、数年前などのアフィリエイトのリンクを貼りっぱなし アソシエイトなどに至っては契約解除してあるのにそのまま残っているとか。 (サイトのパスワードなどはたまに変更したことあり、 その際にレポートなどを時たま見てはいたが サイトの更新・アフィリエイトリンクの作成・確認は出来ておらず 収入は年間で数百円しかないという状態でした。) 上記どうにも使えないサイトばかりですが、気になった事を書き留めてあり 全て捨ててしまうことも出来ず(後で見ようと思って保存していたので、一応見たい)。 そんな中、カテゴリやタグ付けだけでは出てこない情報を いちいち投稿一覧に戻って検索するよりも、サイトの確認する時に ついでに出来たほうが良い。自分自身のためにも 検索窓の必要(需要)性が 非常に強く感じられるようになりました。 wordpressで初めからテンプレについてある検索窓も 一応はそのまま置いてありますが、結局のところ時々調子悪いという事から 苦手意識のような気持ちもあって、なんとなく使えない感じがする。 (google検索はいつも使えるので、安心しています。自分の場合。) サイト内検索について調べても 「googleカスタム検索」しか出てこない。もう殆ど9割以上がその話題。 なのに、カスタム検索の提供は来年には終わるようです。 今迄の私のパターンだと、安易な流れで 「googlex」→「Yahoo検索◎」と、いきそうなところ。 (まあ、普通は皆そうかもしれません。) googleでサイト内検索が使えなくなった場合、 いずれは自分でどうにかせねばならなくなるのでしょうか。 javascriptとか?、勉強が必要です。かなりの。大変です。 それか、プラグインか何か探してみます。 参考: PHP でカスタム検索エンジンを作成する 検索ページの作成 – WordPress Codex 日本語版

削除予定のアナリティクスのアカウント

ここはPCのことなど 全くよく分かっていない人の試行錯誤したことの覚書ブログです。 同じように詳しくなくて困っている人の参考になると思います。 (難しい言葉・専門用語などもほとんど使わないかと思います。) 今回は、アナリティクスについて。 アナリティクスを久しぶりに開いたのですが、 なんかよくわからないから整理してしまおうと、アカウントを1つだけに絞って 削除してしまいました。 1つになってスッキリしたアカウントに「今のサイトを登録しよう。」と、しました。 そーすると、「このタグを貼り付けて」っていうポップアップのメッセージが出てきて 「・・あ。」 そういえば、タグを貼り付けていたんだっけ。 でも、そのへんで時間がなくなってしまい、またまた放置することに。 後日、メールのチェックをしていたら、 「削除予定の Google アナリティクスのアカウント」 ・・という件名のメールがきていました。 そのメールの中にはリンク先があり、回復出来る様子。 ↓ 間違ってゴミ箱に移動されたと思われる場合は、ゴミ箱から対象アカウントを元に戻すことができます。Google アナリティクスでゴミ箱(https://www.google.com/analytics/web/#management/Settings/〇〇〇〇)を開いてください。 そのリンク先からアカウントの復活が出来ました。凄く簡単。 リンク先ページは削除したサイトの選択画面になっているので、 左側の白い四角のチェックボックスへレ点チェックして、 「元に戻す」ボタンを押すだけでした。 35日以内だとこの方法で復活できるのだそうです。 念の為、一旦、「全部を元に戻す」して、色々見てみた・・けど 分かってないからほとんど見なかったせいか、 削除になってしまったからと思って 新しいアカウントのタグを貼ってしまったせいか データが何もない・・ 削除したままでも良かったのかも?・・しれない?ですが、 折角の機会なので、見易くリニューアル。 やることのメモ: ・アカウント名とブログのユーザー名を揃えよう。 ・ブログのユーザー名を使い回ししているので、 アナリティクス内でのアカウント名をいくつか分けておきグループ分けしてみる。? ・1アカウントにつき、1ユーザーにしてみるか検討。? ・・という途中で子供達が帰ってきます。 また放置になりそう

wordpress、403の原因究明

以前の記事です。下書きしたままになっていて、網羅したものではなく、ある1つのパターンの解決法といった感じのことです。 あまり詳しくない人が 困った事象が起こっている最中に、あまりにも時間がかかるので 不安になってきて、調べながら不安を紛らわすために投稿しようとしていたものです。 解決しているので、解決版も後ほど公開します。 403 Error 現在、このページへのアクセスは禁止されています。 サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。 こちらのサイトは、独自ドメインに変更後、 「保護された通信」のため、「https://」に変更している途中で上記のようにエラーになっていました。 (正確には、設定画面では終わった筈なのに、https://~~でアクセスした途端に レイアウトが崩れるという事象が発生していました。) 試した方法 3つ 1・サイトURL、wordpressURLの設定(ログイン出来る場合はダッシュボード→一般→WordPress アドレス (URL)、サイトアドレス (URL)というメニューがあります。 ログイン出来ない場合、FTP管理画面から→wordpressの入っているフォルダ→wp-configフォルダ→ 参考例(サイトURLは〇〇〇〇です):   define(‘WP_HOME’,’〇〇〇〇’); define(‘WP_SITEURL’,’〇〇〇〇’); を追記して、URLの指定をします。(因みにうちのサイトの場合、httpsで、Sを付けなくても表示されています。付けると逆におかしくなる可能性があり?) 2・FTP→wordpressの入っているフォルダ→.htaccessファイル→IPアドレスのチェック(IPアドレスが固定ではなく変動する場合、普段から突然表示されなかったりするので時々訂正することになります) 3・今までにいじったことのあるページファイルなど出来る限り元へ戻す  以上が一番可能性の高い解決方法だと思います。調べていて、粗100%この話題が出ます。 他にも しておいたほうが良いこと セキュリティ対策の参考(私が出来る初心者レベルのことのみ、です。分かっていない人・初心者の方向けに参考になれば): ・テーマやプラグインは、Wordpress公式のもののみ使用 ・WordPress本体・テーマ・プラグインは、出来るだ

word pressのアプリ

モバイルで色々やった覚書。 最近は結構、press sync というアプリを使っていたのですが、一つのブログしか登録出来ず、 2つ以上を管理するのは有料になるのでそれ以上は使わずにいました。 その点では(複数の管理)、こちら本家の方が良くなってます。 以前は使いにくいので、アンインストールしてしまっていた気がしますが。 あと、かなり前にもword press.com の無料サービス使って ブログをたくさん作ったりしていたのですが、何も出来ずに結局は削除することにして 順番に削除していたのですが、なんと 最後の1つは削除が出来ない・・という事を知りました。 しかし、ブログを消してプロフページのみ残すという方法があり、そうしていました。 今日は、そのページを思い出したので、登録したメールアドレスを入力すると、 パスワードを入力するのではなく、いきなりメールが来てクリックして設定完了でした。 面倒なタイピング不要と。 なので、wordpressのブログはオフィシャルのアプリの登録(設定)方法、↑ だけです。 パスワード忘れたから、ログイン画面で適当にメール再送したりしてみようと ダメ元でしたら上記のようになっていて楽でした。 折角なので、wordpress.com の無料サービスブログも作成しようかと登録。 かなりスムーズです。 (細かい手順はここでは紹介しませんが) でも、無料サービスからwordpressへ引越ししたいブログがあるので、 その引っ越し先にしようかと思ってプライベート設定にして保留中です。 無料のワードプレス、久しぶりですがアプリは便利になっているので期待が持てます。 どうやら私は、あちこちで登録している事が好きみたいです。 今日は、メールもあちこちで登録してきました。

このブログの人気の投稿

引っ越しのごあいさつ / 違うブログへ記事を移動するとき

お越しいただきありがとうございます。少し下の方を見てください。「続きを読む」をクリックされた場合も、下の方までスクロールしていただかなくては読めないかも知れません。 また、あいにく現在は引っ越し中の為お手数をおかけしますが、サイトの上部「サイト内検索」でお探しの記事を見つけてくださいませ。   このサイトは、男の子を育てている親の立場でのいろいろな手続きをしている人の、 問い合わせとかいろいろやってみたことの記録です。 子どもは、フォートナイト に夢中でずっと「課金、カキン」と言っています・・。 カキンも大変ですが、アカウントの紐付けがとても面倒でした。ここでは、そんな話が多いです。     お手間がかかりました分、読み甲斐のある記事にしていきたいと思っております。 (追記はたびたび行っています。) よろしくお願いいたします。     違うブログへ記事を移動するとき・・ このサイトは、私のように訳が分からなくて(少しはわかるけど・・) いろいろなことをコピペでやっている人に向けての情報になります。 今回の覚書は少々、ややこしかったです。 先ず、1,2,3の3つのブログがあります。 1は引越し元のブログで、色々な記事を雑多にまとめて一つで管理していました。(仮にサイト「https://●●●.blogger.com」とします。) 2は、最近作ったブログです。引越し先として、wordpress(仮に「https://▲▲▲.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 3も、最近作ったブログです。引越し先として、twitter(仮に「https://■■■.blogger.com」とします。)の話題に特化しようと考えました。 調べた結果、よく分かっていない私は以下の3つのコードをそれぞれのサイトの .htaccessにコピー&ペーストと書き換えで貼り付けました。 (引越し元・引越し先のお互いに情報が必要だと思ってしまったため) 1 ●●● RewriteEngine On RewriteRule https://●●●.blogger.com https://▲▲▲.blogger.com [R=301,L]・・1→2 RewriteRule https://●●●.blogger.com https://■■■.blogger.com [R=

switchのメモリが足りない時

子供が「フォートナイトのデータが消えた!」と大騒ぎしていたので、 気になって対処していた覚書です。 アンインストール → インストール をしたとのことですが、 データは時間が経てば復活し、結局は消えてはいませんでした。 経緯も覚書します。 あと今回のついでですが、挿入しても使わなかったのですが、   microSDカード挿入するとswitchにその分のメモリが増えるようです。。    microSDカード、本体の裏の電池を入れるポケットみたいな部分を開けると 簡単に入れることができました。   でもこれ、ゲームソフト → 本体 → MicroSDカード って、ループしているんじゃないのかって感じがしてしまいます。 もう、ソフトだけで良いのに・・って思ってしまうのですが、 ダウンロードとかもするのでした。その分は仕方ないですよね・・。      Fortniteでアンインストールした理由は、 APEXをインストールしたかったけどメモリが足りないから 何かを削除しないと入らない、 フォートナイトのデータが大きいので、一旦アンインストールしてみようと思った。 Fortniteをアンインストールしても データは消えないと書いてあったからやってみた・・のだそうです。   データは消えなかったけど、データが復活するのには 相当な時間がかかる場合がある・・ということの様です。  (時間がどのくらいかかったか分かりませんが、「データが消えたかも」 って騒ぐくらいにとても遅かったという。)   今までたくさんの課金をしているので、データが消えたら 時間もお金も勿体ないということは身に染みて分かったみたいです。   microSDカードは、64GBくらいでないと使用できないっぽいです。 家には16GBしかなかったので、全然足りなくて使えなかったのでした。     ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か少しでも参考になりましたら幸いです。 良かったら気が向いたときにでもまた覗いてやってくださいませ。 よろしくお願いいたします。    参考サイト: 任天堂の公式サイトのQ&A    

wordpressからbloggerへお引越し

wordpressからの移行引越し先はこちら、googleのbloggerにしました。 無料で使える、広告がなし、アドセンス利用可、独自ドメインも使える、 こんな(私にとって)最適な引越し先は他にはないかも知れません。 方法は、以下のプラグインを利用しました。 プラグインの作者様の仰るようにbloggerからワードプレスの方法は いくらでもあるのに、その逆は殆どないと言ってもいいくらい 見付かりませんでした。あっても、ややこしそうで・・ ↓ xml→movable→xmlとか、2回のエクスポート・インポート とかいう方法が主流でしたが、読むことすらままならず 私には使いこなせる自信がなかったので・・。 1回のエクスポート・インポートで済むなら失敗の確率も半分です。 (結局のところはプラグインは絶対に必要でした。)   引越し作業で気になったことを覚書して以下に残します。 プラグインの「Export to Blogger」を新規追加して有効化   ↓ 設定    ↓  ↑  の、種類・ステータス・と、一番下にある Blogger記事にラベルを付ける・・カテゴリー、タグ←これは外す方が良いかもです。 理由は以下のようにエラーが出てインポートができない可能性が高いからです。 (外すとスムーズにいけました。) ↓ 上記を選択して、左上の「XMLをエクスポート」という青いバナーボタンをクリック ↓ XMLファイルがパソコンにDLされます。 ↓ bloggerの管理画面、右側メニューより「設定」のずっと下の方 ↓ インポートするというメニューをクリック ↓ 早いものは1分くらいで出来ていました。 私の場合は複数のサイトがあり、あるサイトでは 「タグやカテゴリの文字が200文字以内にして下さい。(多過ぎるので) 減らして下さい」 っていうエラーがたくさん出ていたので   そのせいで出来なくなったみたいですが・・。 項目を減らしたり出来るので、いろいろ試してみるも blogger側でもインポートの回数に上限がある様子でした。  (いくつかのサイトで調べた感じでは5〜6件かと) なので、もしインポートできなくなったと思ったら、 24時間空けてから再チャレンジします。 ↓ インポートが出来たあとは、アドセンス・アナリティクスの設定や SSL、独自ドメインの設定が必要な方